August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Photosmart C6175不具合の原因は?

日本HP複合FAXプリンター、Photosmart C6175本体のみを回収、交換。
電源コードのみを回収、交換。
そして、不具合は直らず。

日本HP複合FAXプリンタPhotosmart C6175は放電がいる。
つまり、PCに構造が似ている。
ネットワークから消える現象に、覚えがあった。
ノートPCをつけっぱなしにしていた時だ。

ルータにウィルス検挙の機能が入っている。
ウィルスパターンはサポート側からのデータを自動UPで対応している。
ファームウェアなども自動UPで対応している。
この自動UP前後につないでいるPCはネットワークから消えるのだ。
ちなみに、プリンタ、スキャナは消えない。

ためしにルータを再起動する。

日本HP複合FAXプリンタPhotosmart C6175がネットワーク上に復活。

電源が落ちる原因として、電源ケーブルに問題があった。
電源ケーブルを交換したことにより、解消。

ネットワークから消える原因として、
ルータとPhotosmart C6175間の情報のやり取りがうまくなく、
ルータの再起動により解消。

今後、心配なこと。
Photosmart C6175は家電ではなく、PC機器と見なさないといけないこと。

Photosmart C6175の不具合、またしてもなおらず

届いた電源ケーブルに取り替える。

昼間、落ちる。
そしてネットワークから消える。
放電をすると、機器は電源が入るが、ネットワークからは消えたまま。

夕食中。
HPの対応の悪さを彼と猫姫日記でブーたれていた。

三菱製モニタ不具合の時の三菱サポートの人は、
対応が良くて誠意的だったのにや、

その当時、家庭用ラインで一番良いモニタだった。
が、2回も取替えなくてはならなかった。その間を3ヶ月も要して、新ラインが出てしまって悲しかった


HPの様に
外資と日本の企業が融合している会社は、
外資的なおおらかなサポートなの、
それって日本で販売しているのに問題はないの?

そのブーたれ合戦中。
がんがん冷房を利かせている中、カチッと落ちた。
そしてネットワークからも消えた。
これで環境が悪いのでは?という要素が消えた。

そして、さらにブーたれたのは言うまでもないたらーっ

Photosmart C6175の不具合、なおらず

2007年8月12日の帰宅。


あっれーーーーーぶー

電源落ちてる!


カスタマーセンタに電話。

今度は、電源ケーブルだけを回収するとの事。
取り替えなかった電源コードが悪いかもと、
電源コードを送るとの事だ。
電源が落ちる原因は電源ケーブルが原因かもしれない。
が、しかし、今回もネットワークから消えているのだ。
電源コードとネットワークの関係ってあるの?
ネットワーク上でプリンタが消えてしまう現象も電源ケーブルのせいなの?

ネットワーク専門のカスタマー担当につないでもらう。
またしても、放電の指示。

だっからー、家電製品だよ。
冷蔵庫とか、放電する?
放電してたら、食品が腐っちゃうでしょ?
電話はいつでも使えるのが基本でしょ。
放電の必要がある家電製品って、
設計段階でおかしいのでは?

「不具合の検証はおこなっていないの?」
疑問を投げてみた。
サポート曰く、検証は行っているそうだ。
検証って、普通は再現を行わなければいけないから、
全部回収しないと検証できないのではないのかな。

日本HP複合FAXプリンター、Photosmart C6175の不具合について

2007年4月に、
これまで使用していたファックスの子機が壊れてしまった。
以前に所属していた会社で
複合プリンタの便利さに触れた猫姫日記は
この機会に複合プリンタと、電話の組み合わせの構成にした。

購入した機器は
キャンペーン中でお得感の強かった
日本HP製の複合FAXプリンター「Photosmart C6175」
電話は小さくてスタイリッシュなPanasonic製。

日本HP製の複合FAXプリンター「Photosmart C6175」
無線LANでネットワークにつながるので、
PCから直接、FAXも、スキャナも、プリントもできてしまうのだ。


が、今、この選択をかなり後悔している。


7月の終わり、気がつくと、
日本HP複合FAXプリンター、Photosmart C6175の電源が落ちている。
そのときは、なにかが電源を触って落ちたのかと思い、
電源をONにした。
しかし、その後、ネットワークから
日本HP複合FAXプリンター、Photosmart C6175
消えた!
PCからpingが通らない。
日本HP複合FAXプリンター、Photosmart C6175
はルータのDHCPで固定IPを振ってある。
なので、IPの重複はなし。
日本HP複合FAXプリンター、Photosmart C6175から
IPを確認すると振られたIPのまま。
日本HP複合FAXプリンター、Photosmart C6175
ルータは認識しているようだ。

カスタマーセンタに電話をすると、
放電をくりかえしてくれとの指示。

PCサーバじゃないんだから、そんな指示ってどうなの?
ファックスなんて、常に安定稼動しないといけない製品なのに。
放電ってナンだたらーっ
おかしくはないか?

結局は回復はせず、
日本HP複合FAXプリンター、Photosmart C6175本体のみの交換となった。

2007年8月11日午前中に届いた
日本HP複合FAXプリンター、Photosmart C6175
つなげなおす。

そして、猫姫日記の実家に帰省。


ランキングに参加しています。
よろしければ、以下をポチっとおねがいしますニコニコ

クチコミblogランキング TREview

ウェブサイト製作者の泣き所、導線を検証するには?

結局のところ
企業のウェブサイトリニューアルをかけて、
どのくらい効果はあるのか、どうなのか?って実証するのが問題だ。

Fでメジャーな赤外線を使ったアイトラックが使えれば最高。
が、中小規模サイトにそんな予算はあるはずがなく、
良くてビデオ撮影で様子を解析。
アナログ。
これさえもできれば、良い感じ。
予算の壁はでかい。


米ClickTaleが無料or安価なサービスをアクセス解析で提供開始した。
クリックなどのアクションが発生しないところ、
たとえばボタンにホバーなどの導線も取れるのだ。
ページ録画数が1週間に100以下である場合には無料。
わわ、お得。
ちょっと、試してみたい。
次の提案に使ってみる?

ClickTaleについてくわしくはこちら

ちなみに猫姫日記は
導線はFではなく、かぎりなくIだと思う。
しかし、この導線も高校生以上くらいで、
中学生以下はかなり導線や、ネット上の衝動は違ってくるので、
一概にはくくれないのかな?
やっぱりペルソナを明確にしないとサイト設計は難しい。
<<back|<1234567>|next>>
pagetop